2011年06月22日

windows update後 SMBサーバーアクセス障害【保守】

最近の業務用複合機はハードディスクを内蔵し、
受信したFAXやScanした文書をPDF化して保存しSMBサーバーとして稼働しているものがあります。

今回は Canonの iR-ADV C5030F という機種で WindowsXP Pro SP3 のクライアントの一部を WindowsUpdate したところこのSMBサーバーへアクセスできなくなったとのご相談。

リモートで確認してみると、たしかに一部のクライアントのみサーバーのフォルダがアクセス権エラーで開くことができません。

アップデート後、クライアント側のセキュリティ設定に変更があったかと secpol.msc を実行して
セキュリティオプションなどを確認してみますが、認証レベルなどとくに違いはなさそうです。

Pingやブラウジングに問題ありませんから、これはサーバー側の問題と判断しメーカーへ確認します。

すると、やはりサーバー側のSMB認証設定を従来認証不要となっていたものからNTLM認証を使用するように変更指示されました。

あとはサーバー側へクライアントのアカウントを設定しこれでアクセス可能となります。

Windows Update によってセキュリテイ認証の設定されていないSMBサーバーへのアクセスが不許可となったようです。

smb サーバー で検索すると出てくるこのあたりが該当するのかも知れません。

vista/7
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms11-048.mspx

xp
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-012.mspx
posted by ishikawa at 08:48| LAN VPN インターネット