2012年01月31日

HDDエラー S.M.A.R.T表示【保守】

得意先で使用されていた内蔵ハードディスクのひとつにエラーが発生しました。

以前から CrystalDiskInfo では代替処理済みのセクタ数に注意が表示されていたようですが、
OS上のエラーメッセージも表示されるようになったようです。

hdd_er1.png

ハードディスク自身は動作していますが、
Windows7ではS.M.A.R.Tの情報からエラーダイアログを表示するようです。
XPなどではフリーソフトやイベントビューアなどで任意に確認する必要がありましたから、
デスクトップにダイアログが表示されるのは障害発生が一般の方にも分かりやすく便利です。

データのバックアップはありますが、念の為ファイルが読めるうちに移行します。
一部のデータ読み出しに失敗するので、HD Tuneを使って確認すると不良ブロックが発見されました。

hdd_er2.png

HDD Regenerator というツールを試用しますが、
不良ブロックの該当箇所では delay 表示されますから書き込まれたデータの復旧は難しそうです。

こちらのハードディスクはデータドライブとして運用しているのでOSの動作に問題はありませんが、
ハードディスクは消耗品ですからS.M.A.R.Tのエラーが確認できたら早めの交換が無難です。
posted by ishikawa at 10:33| Server・PC・周辺機器

業務アプリデータバックアップ【保守】

業務アプリを使用しているPCが起動しなくなり、
できれば次回伝票発行までに復旧したいとのご相談。

こちらのPCは7年程前に導入されクライアントOS+SQLランタイム版が実行されている環境です。
PCの電源が入らないとのことですから電源周りのトラブルを考え、
内部クリーニングとパーツの接触不良を確認しますが改善しません。

やはり電源ユニットなどが故障したようですが、内蔵ハードディスクは正常なようです。

直近データはUSBメモリへバックアップを取っているようなので、
代替PCへ業務アプリのセットアップなど環境移行をおこないます。

アプリのセットアップが完了し、USBメモリからデータをリストアしますが、
一部トランザクションが反映されていないようです。

起動しないPCのハードディスクは正常ですが、
SQLのトランザクションではファイル単位でコピーすることが難しく対処法を考えます。

確認すると故障したPCと同機種のPCが稼働しているのを見つけましたからこちらを利用します。

故障したPCのハードディスクを取り付けて一時的に起動し、
データバックアップから代替PCへリストアしデータが正常であることを確認します。

同機種が無いとできない方法でしたがこのような冗長性もあると便利であるという事例です。
posted by ishikawa at 10:28| OS・ソフトウェア

PC 冬季電源障害【保守】


寒い時期は電源ユニットの劣化などから発生する電源関係のトラブルが多いのですが、
静電気やPC内部の帯電、接続環境特有の電源トラブルなどが原因と考えられるケースもあります。

メーカー:Dell
機種:Vostro230s

今回はPCが起動しないとのことで、
確認すると電源ランプは正常に点灯しますがPOST画面が表示されません。
電源ケーブルを外し、電源スイッチを数回押して放電後に接続しますが変わりません。

こちらのPCは以前から冬になると動作異常が発生することがあり、
古いPCを使用していたときも冬になると問題が発生していましたから、
環境に問題があるのかも知れません。

本体ケースを開けてメモリを取り外してから電源スイッチ数回押し、
メモリを取り付けてから再度電源を投入すると正常に起動しました。

念の為 diagnostic のメモリテストを実行しますが問題はなさそうです。

その後、特に問題ないく動作しているようですから一時的なトラブルと考えられますが、
頻繁に起きるようなら正弦波出力に対応したUPSの設置なども考える必要があります。
posted by ishikawa at 10:26| Server・PC・周辺機器

インターネット接続障害【保守】


インターネットへの接続障害が発生したとき、
問題を切り分けるため間にある機器をバイパスし、
PCなどの端末とモデム・Routerなどを直接接続して確認します。
できれば複数の端末で確認することでより障害の切り分けがしやすくなります。

得意先の方から、地元ケーブルテレビ局をISPとした
自宅PCのインターネット接続が不調とのご相談。

接続できないわけではなく、接続中に遅く(重く)なるとのことなので、
接続機器の詳細は分かりませんが、リモートで確認することにします。

リモートソフトの動作レスポンスに問題はなさそうです、
測定サイトを使用した速度は上りが既定よりも遅いような気もしますが、
一般的なブラウジングに影響がでるほど遅くもなさそうです。

ブラウザを起動し指定されたオークションサイトを開き、
写真が複数表示されたページまで進むとセッション切断のエラーが表示されます。
ブラウザの変更、テンポラリの削除、バックグラウンドで動作しているプロセスの確認などを
おこないますが、これらに問題はなさそうです。

同時にリモート元となるこちらの環境ではページ表示に問題ありませんから、
やはり接続先の環境に問題がありそうです。

リモートによる作業では物理的な機器の取り外しができませんから、
間にあるRouterなどを外してモデムとPCを直結し、
同症状ならモデム交換の依頼をケーブルテレビ局へ連絡するように伝えます。

結果、間に接続されていた有線Routerの故障のようでした。
こちらでは別に無線RouterをAPとして使用していましたから、
有線Routerを外し、APをRouterとして使用することにします。
posted by ishikawa at 10:21| LAN VPN インターネット

Apple Mobile Device Support と Intel 2200BG ドライバ【保守】


東芝Dynabookを使用のお客様からPCが正常に起動しないとのご相談。

こちらのPCは iPhone を接続している関係で itunes がインストールされています。

確認してみるとPC起動時に Apple Mobile Device Support がCPU使用率100%のまま解放されません。
サービスを停止したり、Apple Mobile Device Supportをアンインストールすることで一時的に解消しますが、
itunes の自動アップデートが実行されると同じ状態になるようです。

itunes は同時に複数のサービスをインストールしそれらがバックグラウンドで動作することで、
PCの動作に負荷がかかりますから数年前のPC、特にビジネス用途ではお奨めしたくないのですが、
iPhoneを使用している関係で必要なようです。

プロセスから Apple Mobile Device Support を強制終了したときに、
無線LANドライバ Intel 2200BG が正常にロードされることは確認していましたから、
こちらのドライバを以下からダウンロードして最新版へ更新します。

http://downloadcenter.intel.com/Default.aspx?lang=jpn

また先に Apple Mobile Device Support をアンインストールしていた関係で
一度 itunes を全てアンインストールしてから再インストールすることにします。

http://support.apple.com/kb/HT1925?viewlocale=ja_JP

ドライバを最新版へ更新することで障害は改善しましたから様子を見ます。
posted by ishikawa at 10:17| OS・ソフトウェア