2012年04月13日

MSCOMCTL.OCX 再登録【保守】


excel2010環境下で有償のアドインソフトを使用している得意先から、
突然アドインソフトが使用できなくなったとのご相談。

確認してみるとexcel起動時に
(無効なオブジェクト ライブラリです。または定義されていないオブジェクトへの参照を含んでいます。)
のメッセージが表示されます。

アドインの読み込みに失敗しているようですから、
アドイン起動時にもVBAに関するエラーが表示され実行することができません。

テンポラリの削除後にアドインソフトのアンインストール、再インストールをおこないますが改善しません。

開発メーカーのサイトには特に注意事項がなく、
サポートはメール対応のようですから先にこちらの分かる範囲で確認します。

調べてみると regsvr32 コマンドを使用して MSCOMCTL.OCX の再登録で修復できることがあるようです。

コマンドプロンプトを管理者として実行して、
32bit版のOSのときは、

regsvr32 C:\Windows\System32\MSCOMCTL.OCX

64bit版OSのときは、

regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\MSCOMCTL.OCX

こちらの操作で正常に動作させることができました。

別のexcel2007環境でも同様の症状を確認しましたから、
WindowsUpdateなどが影響して同症状になった可能性もありますし、
今後も同様の症状がでることも考えられますが対応方法を伝えて様子をみます。
追記
posted by ishikawa at 15:36| OS・ソフトウェア

2012年04月03日

地方でのモバイルインターネット【運用】

得意先の担当者様より、本社以外の工場・外出先でのインターネットアクセスの要望を受け、
メール、ファイルサーバーへのアクセス、基幹ソフト(会計・販売管理)の操作を
実現することにしました。

こちらの得意先は従来から本社−工場間をVPNで接続していますから、
工場では無線APを設置して、wifi接続によるアクセスを設定します。

問題は外出先でのアクセスですが、費用対効果を考慮していくつかの案を考えてみます。

まず手持ちのDocomoスマフォを使用してテザリング接続によるアクセスを考えてみましたが、
SPモードがNATを越えられないのでPPTPによるVPN接続ができないことと、
例えファイルサーバーへアクセスできても
3G回線では速度面で実用にならないと判断しました。

外出先で専用のインフラを希望すればWimaxが選択肢に入るのですが、
月々費用の問題で保留します。
AUのスマフォであれば+Wimaxも利用できますが、
携帯キャリア変更となると家族契約している場合は一存で決定できないようです。

やはり外出先でもwifi接続によるアクセスが現実的と判断し、
yahooのモバイルポイントを使用することにします。

http://tm.softbank.jp/consumer/wlan/

地方なので現時点ではアクセスできる場所は限られますが、
そこは割り切って、より良いサービスが提供されれば乗り換えていくことにします。

契約プロバイダはyahooではありませんから、
試験的にプリペイドを購入して接続します。

http://tm.softbank.jp/wlan/famiport/

購入したプリペイドの携帯電話による有効化や、
インターネット接続時のログインなど煩わしい部分もありますが、
犯罪抑止と多重ログイン防止を考えれば仕方ないのかも知れません。

接続環境で速度を計ったところ、平日の他に周りではwifi接続している人は
いないような条件で、下り6M/bps・上り0.6M/bps程度でした。

この条件でVPNによるファイルサーバーへのアクセスを確認します。
使用している販売管理ソフトはNATを越えることができませんから、
本社クライアントを起動してリモート接続をおこないます。
会計ソフトはクラウドに対応していますから、アカウントを登録すれば利用できそうです。

これで本社内の業務をほぼ社外へ持ち出す事ができましたが、
担当者様にはPCの盗難を含めたセキュリティ対策に充分な注意を払っていただくようにします。
posted by ishikawa at 13:00| LAN VPN インターネット