2011年12月19日

フレッツ回線障害【保守】

別件にて得意先を訪問したときのこと。

私が伺う直前からクライアントPC全台がネットへ繋がらなくなったようです。

こちらはNTT西日本の光プレミアムに電話は光ビジネスという構成ですが、
ネットへ接続できないと私本来の作業も進みませんので確認します。

CTUのWANランプは点灯していますし、
その他ONU・VOIPアダプタのLEDにも問題はなさそうですが、
電話も使用できないので回線に問題がありそうです。

1台のクライアントにスタートアップユーティリティがインストールされていましたが、
IDとPASSがすぐには分からない状態でCTUの内容を確認できませんから、
先に同ユーティリティの診断ソフトを実行します。

診断の結果、エラーが表示されましたから回線事業者側(NTT西日本)の問題と判断し、
携帯から窓口へ連絡します。

担当者へ確認すると収容局内装置に故障が発生し、
近隣を含め障害が発生しているようです。

こうなりますと復旧を待つしかありませんから、
電話の鳴らない静かな事務所で待機します。

約2時間後、回線は復旧し担当者からも連絡をいただいました。

情報通信機器の運用保守管理ワンストップサービスを心掛けていますが、
インフラ事業者が設置した機器の修理までは手が出せません。

しかし今回の件に限らず障害切り分けは重要な要素となりますから、
メーカー・機器の垣根なく対応しています。
posted by ishikawa at 10:30| LAN VPN インターネット