2012年01月31日

HDDエラー S.M.A.R.T表示【保守】

得意先で使用されていた内蔵ハードディスクのひとつにエラーが発生しました。

以前から CrystalDiskInfo では代替処理済みのセクタ数に注意が表示されていたようですが、
OS上のエラーメッセージも表示されるようになったようです。

hdd_er1.png

ハードディスク自身は動作していますが、
Windows7ではS.M.A.R.Tの情報からエラーダイアログを表示するようです。
XPなどではフリーソフトやイベントビューアなどで任意に確認する必要がありましたから、
デスクトップにダイアログが表示されるのは障害発生が一般の方にも分かりやすく便利です。

データのバックアップはありますが、念の為ファイルが読めるうちに移行します。
一部のデータ読み出しに失敗するので、HD Tuneを使って確認すると不良ブロックが発見されました。

hdd_er2.png

HDD Regenerator というツールを試用しますが、
不良ブロックの該当箇所では delay 表示されますから書き込まれたデータの復旧は難しそうです。

こちらのハードディスクはデータドライブとして運用しているのでOSの動作に問題はありませんが、
ハードディスクは消耗品ですからS.M.A.R.Tのエラーが確認できたら早めの交換が無難です。
posted by ishikawa at 10:33| Server・PC・周辺機器