2012年07月17日

保証期間とコールドスタンバイ【運用】

得意先様よりPCが起動しないとのご相談。

こちらの得意先は社内に80台程のPCが稼働しており、
一部PCは業務用装置と連動し湿度の非常に高い特殊な場所に設置してあります。

今回障害の発生したPCもこの特殊な場所に設置されていたもので、
導入後3年程度経過していますが、電源部ファンの吸気孔や排気孔、
拡張スロットのエッジ部分など、あらゆるところに錆が発生しています。

幸い弊社にて同一機種をすぐ用意できたことと、
ハードディスクには問題がなかったことから、
ハードディスクを入れ替えて即業務復帰となりました。

※設置環境からHDDも故障しやすいのですが今回は無事でした。

このとき管理者である担当者様と以下の確認をしました。

件のPCは設置環境に問題があることは既知なので、
環境が改善されない限り通常のPCよりも寿命が短くなること。

購入している法人向けPCの保証期間が3年、
別途オプション料金を支払えば5年などへ延長が可能なこと。

しかし、修理となれば最短でもメーカーエンジニアによる
訪問までのタイムラグがあり、場合によっては業務に支障がでること。

台数が増えた場合は保証期間の延長よりも
予備機をコールドスタンバイの状態で待機させておく方が事後対応の面で有利なこと。

仮にPC本体の金額を50,000円とし、
3年から5年への延長保証料金を10,000円/台とした場合、

機器台数10 延長保証料金 = 100,000円

となって、予備機を2台購入することができます。

また、障害発生時に新規PCを用意したときはセットアップが必要なことから、
ここでもタイムラグが発生するので、
セットアップ済みPCのコールドスタンバイの方が有利です。

汎用性と冗長性を担保しながら
業務に支障がでないようにする方法は色々とありますが、
PCや周辺機器などが低価格になった現在では、コールドスタンバイは非常に効果があります。
posted by ishikawa at 16:41| Server・PC・周辺機器